年末までの舞台

中途半端な天気で古傷が痛みます。
あの大地震以来「日本はどうなってるんだ」「いやこうなってたんだ」と驚くばかり。
イタリアでは原発の是非を問う国民投票が先日行われドイツでも皆さんご存知の通り。
さてさて被爆国 そして今は重大な被曝が現在進行形の日本では国民は蚊帳の外
ネットで愚痴いってもはじまらないけど 「おおよそ2万人の死体」と「広大な人の住めない土地が日本に存在する」という悲惨さに国会は何をしているのか。 昔は「末は学者か大臣か」なんて言ってたけど 今じゃメルトスルーにも薄ら笑いで「大丈夫ですよ」と言っていた学者や政治家が裁かれないのが 不思議です。 

この問題には緊張感を

さて話は私の舞台に付いてです。
7月31日に 過去に振り付けた群舞「don't make it bad」「Rise of the Sunshine」

8月には過去の問題作「外連の族」を決裂久しいデカルコマリーと国際児童演劇フェスティバルで
e0134515_12415448.jpg

e0134515_1242447.jpg
マリーさんとはどんな顔して再会して良いものやら今からドキドキです。この作品は私の作品で最も沢山上演した作品じゃないかな〜 始まりは もう15年以上も前京大西部講堂でマリーさんの裸体を見てからだ(笑)

11月 ここ2年の泉鏡花の「春昼」(関典子+サイトウマコト)「春昼後刻」を題材に
した二作品を神戸学院大学 グリーンフェスティバルで上演。「春昼後刻」を題材にした「黄昏れる砂の城」には前回出演者ヤザキタケシさん、関典子さんの他に 白井麻子 ザビエル守之助のお二人が加わる。今回初めておつき合いさせていただく白井さんは日本(東京シティバレエ団などへ振付け)はもとより世界中に活動拠点を広げています。ザビエル守之助さんは世界バレエ&モダンコンクールなど数々のコンペで受賞されているがそれを語らず無名人として関西で黙々と踊られている方です。
今私が最も踊って欲しいメンバーが集まってくれました。感謝です。
私の仕事はこのメンバーを集めただけで終わったようなもんです(笑)
あっ すみません 頑張ります
e0134515_12572589.jpg


そして12月二年前に立ち上がった関西かわいい系女史????の面々が再び登場「七つの墓」を上演してくれます。これは2009年に初演「黄昏れる砂の城」とともにアイホールで上演した作品です。今回は5回上演いたします。場所は阿部のロクソドンタ 前回よりもかなり狭いスペースとなりますのでメンバーは5人 大阪芸術大学卒業生が中心の若手です????  これは他にも全国的に有名な振付け家の作品も予定していますが、まだ確認がとれていませんので発表出来ません。楽しみです。
e0134515_1324479.jpg


こういう事がここ1週間でポンポンと決まってしまいました。まあそれまで暇だったと言えばそれまですが(汗) 自らを鼓舞する意味で、書きなぐりましたが、本当に頑張らないと命取りのメンバーです(汗)

また詳細分かり次第こちらでも告知いたします。宜しくお願いします。
[PR]

by saitohdance1 | 2011-06-13 13:14 | 舞台情報

<< 秋の予定 その1 3.28 マイケルは来ないが >>